ホームマイページご利用ガイド 利用者登録 館一覧FAQお問い合わせ
利用規約
システムご利用規約
仙台市市民利用施設予約システムをご利用いただくには、下記の約款に必ず同意していただく必要があります。

仙台市市民利用施設予約システム利用者登録約款
第1条(趣旨)
仙台市市民利用施設予約システム(以下「施設予約システム」という。)は、「仙台市市民利用施設予約システムの運用及び利用者登録等に関する規則(平成15年7月30日仙台市規則第87号)」別表第一に掲げる施設(以下「システム対象施設」という。)の利用にあたり、インターネット及び市民用端末機からの利用申込みを可能とすることで、利用者の利便性を高めるとともに、利用予約に係る抽選の効率化を図ることを目的として、仙台市が設置するシステムです。この約款は、適正かつ公平な施設予約システムの運用を行うため、利用者登録に係る事項及び施設予約システムの利用に係る事項について定めるものです。
第2条(利用者登録)
施設予約システムを利用するためには、利用者登録が必要です。利用者登録は、この約款に同意の上、所定の登録申請書により仙台市に対して申請を行う必要があります。
2 仙台市は、前項の申請内容を確認した上で、申請者を施設予約システムに登録者として登録します。登録者の区分は、個人又は団体とします。
3 登録者は、仙台市が、登録者名、団体名等の登録者情報を電子計算機で管理し、システム対象施設の業務上必要な範囲内で利用することを了承するものとします。この場合において、業務上必要な範囲とは、仙台市の判断により、登録者が次条に定める登録条件を満たしているかについて確認を行うことを含みます。
4 団体名簿の提出にあたっては、登録者が団体の構成員の同意を得た上で、その氏名及び住所を団体名簿に記載することとします。
第3条(利用者登録の条件)
利用者登録にあたっては、仙台市が定める次の条件を満たしておく必要があります。
(1)個人登録の場合
 ア 登録者は、小学生以上であること
(2)団体登録の場合
 ア 団体の構成員は、2名以上であること
 イ 団体構成員のうち、2分の1以上が目的を同じくする他の団体に登録されていないこと
2 未成年者の利用者登録にあたっては、予め、その保護責任者が、利用者登録又はシステム対象施設に関する条例及びその条例に基づく規則の規定に同意しておく必要があります。
3 団体の利用者登録は、団体の代表者を登録者とします。
第4条(二重登録の禁止)
利用者登録を二重に行うことはできません。仙台市が定める次の条件に該当する場合、二重登録と判断し、利用者登録を行わない場合があります。
(1) 個人登録の場合
 ア 登録者のカナ氏名及び生年月日が一致すること
 イ 登録者のカナ氏名及び電話番号が一致すること
(2)団体登録の場合
 ア 団体のカナ名及び代表者の生年月日が一致すること
 イ 団体のカナ名及び代表者の電話番号が一致すること
 ウ 団体のカナ名及び担当者の生年月日が一致すること
 エ 団体のカナ名及び担当者の電話番号が一致すること
第5条(利用者登録番号)
仙台市は、登録者の区分に関係無く、全登録者に対し、異なる登録番号(以下「利用者登録番号」という。)を設定します。
2 登録者は、利用者登録番号を他人に知られないように、適切に管理しなければなりません。
第6条(利用者カードの発行及びその取扱い)
仙台市は、登録者に利用者登録番号を記載した仙台市市民利用施設予約システム利用者カード(以下「利用者カード」という。)を発行します。
2 登録者(団体登録の場合、担当者を含む。)以外の方は、利用者カードを使用することはできません。
3 登録者は、利用者カードを適切に管理するものとします。
4 登録者は、利用者カードを第三者に譲渡し、又は貸与することはできません。
第7条(利用者登録の有効期間及びその更新)
利用者登録の有効期間は、利用者登録の日から3年間とします。
2 利用者登録の有効期間は、登録者が、第10条のシステム対象施設の使用許可又は利用許可を受ける度に更新されます。最後にシステム対象施設の使用許可又は利用許可を受けた日から、3年間システム対象施設の使用許可又は利用許可を受けなかった場合には、利用者登録の効力を失います。
第8条(暗証番号)
仙台市は、登録者から届出のあった暗証番号を所定の方法により登録します。
2 登録者は、暗証番号を他人に知られないように、適切に管理しなければなりません。
第9条(施設の利用申込み等)
登録者(団体登録の場合、担当者を含む。)は、インターネット及び市民用端末機を利用し、その利用者登録番号及び暗証番号を入力することにより、システム対象施設に関する次のサービスを受けることができます。
(1)抽選申込みの受付
(2)抽選結果の確認
(3)利用取消しの受付
(4)空き区分の利用申込みの受付
(5)口座振替の確認
2 前項のサービスの利用時間は、保守点検等により施設予約システムを休止する時間を除き、1月4日から12月28日までの日の午前0時から午後24時までとします。
3 第1項第1号及び第4号のサービスについては、システム対象施設が定める所定の回数制限に従うものとします。
第10条(施設利用申請及び施設管理規則等の遵守)
登録者は、前条第1項第1号の規定による抽選申込みにおいて当選者となった場合又は同項第4号の規定により空き区分の利用申込みを行った場合は、所定の期日までに、利用しようとするシステム対象施設の設置及び管理に関する条例並びにこれに基づく規則に定めるところに従い、当該施設の使用許可又は利用許可の申請等の手続を行うものとします。
第11条(利用者カードの紛失)
登録者は、利用者カードを盗難等により紛失したときは、直ちにその旨を仙台市へ届け出るものとします。この場合において、仙台市は、当該利用者カードの利用を停止することができるものとします。
第12条(利用者カードの再発行)
登録者は、利用者カードの破損等により再発行が必要な場合は、再発行の申請を行うことができます。
第13条(サービスの利用停止及び利用者登録の抹消)
仙台市は、次のいずれかに該当した場合には、施設予約システムが提供するサービスの利用を停止し、又は利用者登録を抹消することができるものとします。
(1)偽りその他不正の手段により利用者登録がなされたことが判明した場合
(2)この約款の規定に違反した場合
(3)システム対象施設の利用料金等の支払いを怠った場合
(4)登録者の責に帰すべき事由によりその所在が不明となり、仙台市が当該登録者への通知又は連絡が不能であると判断した場合
(5)システム対象施設に関する条例及びその条例に基づく規則に違反した場合
(6)不適正な利用方法により他の利用者へ迷惑をかけた、又はかけていると仙台市が判断した場合
(7)前各号に掲げるもののほか仙台市が登録者として不適格と認めた場合
第14条(届出事項の変更)
登録者は、仙台市に届け出た登録者の氏名、団体名、住所、電話番号等(以下「登録情報」という。)に変更が生じた場合は、遅滞なく、所定の届出用紙により当該変更内容について仙台市に届け出るものとします。
第15条(利用者登録の廃止)
登録者が利用者登録の廃止の届出をし、仙台市が認めた場合は、登録を廃止するものとします。
第16条(登録情報の字体)
登録申請書の記入字体が、施設予約システムにおいて取扱いが困難な字体である場合は、類似する標準字体で登録するものとします。この場合において、市民用端末機で表示される字体及び郵送物等の字体は標準字体となります。
第17条(約款の変更及び承認)
この約款の変更については、施設予約システムのお知らせ欄等に掲載します。この約款の変更後に施設予約システムが提供するサービスを利用したときは、当該変更内容を承諾したものとみなします。
第18条(個人情報の保護)
施設予約システムが提供するサービスの運用に当たっては、個人情報の保護に関する法律その他個人情報の保護に関する関係法令等に基づき、別に定める「個人情報の取扱いについて」のとおり、個人情報の保護のための措置を講じております。
第19条(免責事項等)
仙台市及び施設管理者は、次の事項については、その一切の責めを負わないものとします。
(1)施設予約システムが提供するサービスを利用(登録者の故意又は過失によって、第三者が行うサービスの利用を含む。)したことにより、登録者が受けた損害及び登録者が第三者に与えた損害
(2)施設予約システムが提供するサービスの停止、休止、中断、その他当該サービスの利用ができなかったことにより、登録者が受けた損害及び登録者が第三者に与えた損害
2 登録者は、施設予約システムが提供するサービスを利用(登録者の故意又は過失によって、第三者が行うサービスの利用を含む。)することにより、仙台市に何らかの損害を与えた場合、その一切の責めを負うものとします。
第20条(サービスの終了時における登録情報の取扱い)
施設予約システムが提供するサービスの終了時には、登録情報は全て抹消します。ただし、サービスの終了に伴い、これに代わる新たなサービスを提供する場合に、登録情報を抹消せず、引き続き利用することを妨げないものとします。
本システムの操作に関するお問い合わせ先
コールセンター:050-3531-1388(IP電話)/ 午前9時から午後6時(平日のみ、土日祝日及び12月29日から1月3日を除く)